短歌フェスタ福岡2020を開催します!

  

 短歌フェスタ福岡は(1)九州・山口の地から発信する短歌(2)結社の枠を超えた交流の場の創出(3)世代や地域差を超えた交流の場の創出を基本理念とし、2018年から開催しています。この度、第3回目となる「短歌フェスタ福岡2020」を下記のとおり開催することになりました。短歌に興味を持つ方ならどなたでも参加ができます。短歌実作の経験も問いません。どうぞ皆さんお誘いあわせの上ご参加ください。

 

                                              記                                        

1)大会名 短歌フェスタ福岡2020

 

2)主 催 短歌フェスタ福岡2020実行委員会

 

3)日 時 2020510日(日) 13:0018:30(開場12:30

 

4)場 所 福岡商工会議所4階会議室(407-408

福岡市博多区博多駅前2丁目9-28

JR博多駅より徒歩10分 地下鉄祇園駅(5番出口)より徒歩5分  https://www.fukunet.or.jp/rooms/access/

 

5)対 象 九州山口をはじめとした短歌に興味を持つ人すべて 実作経験を問わない。

 

6)2020年テーマ 『歌い継がれていく短歌-さまざまな世代の短歌のあり方・楽しみ方-

 

7)プログラム

 

13:0014:30 「歌合わせ&シンポジウム」(90分)

 

 13:00-13:40  歌合わせ1試合

 

チームA 松本夏南、石井大成(九大短歌会)、間千都子(ポトナム)

 

チームB 今村亜衣莉(九大短歌会)、古島信子(心の花)、相良信夫(やまなみ)

 

歌合わせ司会進行 海老原愛(心の花)

 

 13:40-14:30  歌合わせをうけてのシンポジウム

 

石井大成、間千都子、古島信子、相良信夫、海老原愛 司会 三輪 良子

 

 さまざまな世代の短歌との関わり方や楽しみ方について意見交換を行います。

 

*歌合わせとは・・・チームごとに1首ずつ歌を提示し、評の掛け合いをした後、今回は、会場の拍手により勝敗を決定。3戦中2勝したチームの勝ちとなります。高校生から60代までの世代混合チームで歌合わせを行います!

 

14:40-16:40  歌会(120分)

 

8名程度の小グループに別れて相互交流型の歌会を行います。詠草を提出されない方でも参加できます。歌会は90分程度を予定とします。その後、各グループで、議論が盛り上がった歌・素敵な歌などの「みんなに紹介したい1首」を選んでもらい、全体で紹介をする時間を設けます。

 

(特別参加) 伊藤 一彦(心の花)

 

17:00-18:30 交流会(90分)

 

軽食を用意し、同会場で交流会を行います。

各結社、団体の宣伝ブースの設置、印刷物等の販売を行います。

 

 

8)参加費 当日徴収します(詠草提出者で不参加の場合は後日徴収)

 

一般(詠草提出者)       2,000

一般(詠草なし)、大学生    1,000

高校生以下                   無料

 

9)参加受付期間 202011()-2020310()

 

  ※202011日に参加フォームをオープンします! 先着120名の受付となります。

 

   郵送&ファックスでも受付ますが、なるべくHPからの申込みをお願いします!

 

 

 

 

(参考)去年の短歌フェスタ福岡のレポートを藤野早苗さん(コスモス)が書いて下さいました↓

  南の魚座 福岡短歌日乗

      https://minaminouo.exblog.jp/30593879/

 

 

  

 

 

 

 

 

ダウンロード
短歌フェスタ福岡案内書
ネットからの申し込みができない方は、こちらのファイルをダウンロードのあと、必要事項を記入してfaxや郵送などでお申し込み下さい。
短歌フェスタ2020 (HP用).pdf
PDFファイル 173.7 KB

ネットからでも申込みが可能です。※受付開始は2020年1月1日になります!

必要事項にご記入後、送信ボタンを押して下さい。

なお、この情報は個人情報として管理し、この会のみに使用いたします。